投資の基本

洗面台

物件選びのトレンド

バブル期には新築マンション投資が一般的でしたが、最近では中古マンション投資がトレンドです。特に利回りを重視して物件を探す傾向が強く、その中でも築10年から20年の物件を選ぶことが重要です。築10年以上の中古マンションであれば比較的利回りも高く、10パーセント以上の利回りで資産を運用することが可能です。また築20年以内の物件に注目することで、比較的建物の状態が良好な物件が購入可能であり、更に20年以上家賃収入を得られる点が魅力的です。また不動産価格が安定している地域であれば、駅前の物件を格安に購入するのが最近のトレンドです。特に堅実に中古マンション投資を行うためには、値下がりリスクを回避するための戦略がポイントです。

物件情報の活用法

良い物件を購入して持続性のある中古マンション投資を行うためには、情報を上手に収集することが重要です。特に投資用不動産の情報サイトを利用して、日ごろから親しみのあるエリアで物件を購入するのが理想的です。日ごろから親しみのある地域であれば、周辺環境を考えながら賢くマンションを購入することが可能です。そのためにリーズナブルな価格で購入できるだけではなくて、入居者が確保しやすい物件も見つけやすいメリットも大きいです。また地元の不動産会社を活用することで、最新の投資物件情報を教えてもらうことも可能です。特に地域密着の不動産会社の情報網を利用することで、高い収益性の期待できるオーナーチェンジ物件情報も利用できるので便利です。